総務省自治体職員向けオープンデータ研修(応用編)に活用事例紹介で登壇

総務省の自治体職員向けのオープンデータ研修応用編https://www.opendata-training.org/advanced/ (2020年12月~2021年2月間に3回開催 事務局 VLED http://www.vled.or.jp/ 一般社団法人オープン&ビッグデータ活用・地方創生推進機構 ※)に子育て支援事業部 子育てメディアチーム マネージャーの鎭目美代子が登壇、子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」(https://iko-yo.net)のオープンデータ活用事例を紹介しました。

また、VLEDのデータ運用検討分科会(2月16日開催)で、いこーよが推進する「子育て層ニーズ項目」を内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室が推進する「推奨データセット」に組み込む提案をいたしました。

内閣官房や総務省をはじめとする行政や教育機関、企業等の関係者が集まり、発表後の質疑応答では、「いこーよ」サービスモデルについての質問や「いこーよ」提案のデータセットに期待するお声など様々な反響をいただきました。

※VLEDとは、産官学が参画する、公共機関のオープンデータ公開の推進や、国・地方公共団体が公開したデータと組み合わせたビッグデータとして利活用することによる、新たなビジネスを創出や地方創生の推進などを目的として設立された組織です。

◆ アクトインディのオープンデータ・自治体連携等の取り組み
アクトインディでは、自治体などのオープンデータを子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」に取り込み、利用・掲載しています。
「いこーよ」は年間数千万人が利用する国内最大級の子どもとのお出かけ情報サイトです。「いこーよ」に掲載することで、多くのユーザーが自治体のオープンデータを閲覧することになり、更にはオープンデータに紹介されている施設やイベントなどを利用することにつながります。
詳細ページ:https://actindi.net/service/municipality/

本ニュースリリースに関するお問い合わせ先

アクトインディ株式会社 広報担当
【電話】03-5435-1055
【FAX】03-5435-0564
【メールアドレス】pr@actindi.net