オープンガバメント推進協議会 公開シンポジウムで「いこーよ」を利用した自治体の取組みが紹介されました

オープンガバメント推進協議会 公開シンポジウムで
「いこーよ」を利用した自治体の取組みが紹介されました

アクトインディ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:下元敬道)が企画運営する日本最大規模のファミリー向けお出かけ情報サイト「いこーよ」を活用した取組みが、2020年1月19日に千葉市で開催された「オープンガバメント推進協議会 公開シンポジウム」で、効果的なオープンデータ活用事例として紹介されました。

まちづくりにおけるビッグデータ・オープンデータの活用や可能性を共有する場として開催された「オープンガバメント推進協議会 公開シンポジウム」には、協議会の目的に賛同する11の地方公共団体や一般参加者が集まりました。

オープンデータの積極的な活用を進めている室蘭市からは、共通のフォーマットに沿ってオープンデータを公開することで、「いこーよ」を含む複数の民間事業者にデータが活用されている連携事例が紹介され、また、ユーザーを多く抱えた既存のサービスに情報をのせることの有益性もご共有いただきました。

アクトインディは、公共機関が保有するデータは大変貴重な資産、資源であり、有効に活用されてこそ価値が生まれるものだと考えます。「いこーよ」を通じて、必要なデータを必要とする人々に一人でも多く届けるためのハブとしての役割を果たすこと、また子育て世帯のニーズを取り込んだデータの提案を目的に今後も活動してまいります。

本ニュースリリースに関するお問い合わせ先

アクトインディ株式会社 広報担当
【電話】03-5435-1055
【FAX】03-5435-0564
【メールアドレス】pr@actindi.net

  • データを引用・転載の際は「子どもとお出かけ情報サイト『いこーよ』調べ」とクレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
  • 調査データご使用に関しては広報窓口(pr@iko-yo.net)までご一報くださいますようお願いいたします。