おでかけ好き編集部員が実際に行ってよかった「親子向けおすすめスポット」10選【2019】

こちらの記事はアクトインディのアドベントカレンダーの2019年12月12日の記事です。

「いこーよ」「いこレポ」で配信している記事の編集業務と、「いこーよ」公式インスタグラムの運用を担当している編集部のArimaです。

「いこーよ」の公式インスタグラムでは、親子でおでかけを楽しんでいるフォロワーの皆さんの投稿をもとに、いこーよユーザーにおすすめのスポットを日々紹介しています。

フォトジェニックな写真で埋め尽くされたインスタグラムの中には、「親子でおでかけしてみたい!」と思うスポットが満載!  実際に、6歳と4歳の姉弟の子育てをしている私自身も、インスタグラムで見つけたスポットにたくさんおでかけしています。

そこで今回は、年間80カ所以上の施設におでかけしている「いこーよ」編集部員が、2019年に親子でおでかけした中から、とくに「親子で楽しめた!」「行ってよかった!」スポット10選を紹介します!

インスタ映えするフォトスポットとともに紹介するので、実際に足を運んだ際にはぜひ参考に記念撮影してみましょう♪  撮影した写真は「#いこーよ」のハッシュタグを付けて、インスタグラムに投稿するのもお忘れなく!!

                                                                                                            

さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト(神奈川県相模原市)

まさにこれから始まる冬の季節におすすめなのは、遊園地やキャンプ場、温泉施設などがそろうリゾート施設「さがみ湖リゾート プレジャーリゾート」。冬季限定の「スノーパラダイス」では、ソリ滑りや雪遊びが楽しめます。都心から約50分で、本格的な雪遊びを満喫できるのが何よりの魅力!

さらに、カラダを動かして遊べる「アスレチック」がたくさんあるのもうれしいポイント! なかでも、”自分で考えて進むこと”をコンセプトにした「ピカソのたまご」は、未就学児におすすめです。無料で遊べるので、気軽にチャレンジしてみましょう。


【インスタ映えスポット】

イギリスを代表する人気キャラクター「パディントン ベア」のテーマパークがある同施設には、パディントンをモチーフにしたかわいらしいフォトスポットが満載! 夜には、関東最大級を誇るイルミネーションも楽しめるのでSNS映えする写真がたくさん撮れますよ


最後にとっておきのおすすめ情報を…!

駐車場内にある「さがみ湖温泉 うるり」を利用すると、なんと同施設の駐車料金(普通車1日1,000円)が無料になります!! 1日中外で遊んだあとは、気持ちのいい露天風呂で冷えたカラダを温めてから帰るのがおすすめです。帰宅してからすぐに寝られると思えば、全力で遊べますよ!(子供たちは帰りの車内で爆睡です…)

                                                                                                                  

金沢自然公園(神奈川県横浜市)

横浜市にある「金沢自然公園」は、広大な敷地に動物園や、遊具が充実した「こども広場」、バーベキュー場などがあるファミリーにぴったりの公園。例年1月下旬~3月中旬頃には美しい「菜の花畑」が楽しめるので、暖かくなり始める春先のおでかけがおすすめです!

園内にある「横浜市立金沢動物園」は、全国の動物園の中でもたった7カ所(2019年11月現在)しかない”コアラが見られる動物園”としても有名です。1日のほとんどを寝て過ごすコアラですが、ランチタイムにあわせて行くと動いている姿が見られますよ♪

そのほか、横浜市内最大級のローラー滑り台をはじめ、カラダを動かして遊べるアスレチック遊具が豊富にあるので1日満喫できます。


【インスタ映えスポット】

鮮やかな黄色の花が一面に咲き誇る「菜の花畑」は、遊具で遊べる「こども広場」のすぐ近くにあります。畑の中には通路が整備されているので、このように菜の花に囲まれた写真を撮影することができます。


                                                                                                             

大高緑地(愛知県名古屋市)

名古屋市にある「大高緑地」は、多彩な遊具がそろう恐竜広場をはじめ、ゴーカートで遊べる交通公園や、ボートに乗れる琵琶ケ池、芝生広場、ドッグラン、デイキャンプ場など、親子で遊べる施設が満載! 夏にはプールも楽しめて、まさに1日遊べるスポットです(1日あっても全然足りない)。

大きな恐竜の形をした滑り台がシンボルの「恐竜広場」は、新幹線が見られるスポットとしても知られています。数分おきに通過する新幹線が見られるので、鉄道好きの子供は大喜び間違いなし!


【インスタ映えスポット】

施設内にある「ディノアドベンチャー名古屋」には、実物大の恐竜ロボットがたくさん! 広い森の中を徒歩で散策して、恐竜探検が楽しめます。我が家は子供が怖がって写真撮影できませんでしたが(笑)、迫力満点のティラノサウルスや、首の長いプラキオサウルスなどの大型恐竜はインスタ映え間違いなし!


※同スポットは、各施設が単体で存在してもおかしくない規模感で、施設内には駐車場が複数あります。園内には車道も整備されているので、施設ごとに車で移動しました。おでかけ前に遊ぶ施設の近くの駐車場をチェックして、そこを目指して行くのがおすすめです

                                                                                                             

ポリスミュージアム(東京都中央区)

都内で一押しのスポットは、銀座にあるポリスミュージアム(警察博物館)入館無料で楽しめます。将来の夢は「警察官」という娘が大好きな施設で、松屋銀座で開催される企画展とセットでおでかけするのが我が家の定番です。

施設内には、警察官になりきってお仕事体験ができる体験型コンテンツが満載で、すべて無料で楽しめます。犯人の足跡と一致する靴を探したり、タイヤ痕から逃走車両を割り出したり、証拠品から指紋採取したり…本格的なコンテンツの数々は、大人もハマること間違いなし!


【インスタ映えスポット】

施設入り口にあるフォトスポット。1階にある制服試着コーナーで制服を借りて記念撮影することもできます。


                                                                                               

城南島海浜公園(東京都大田区)

GWを含む春から夏におすすめなのは、東京都大田区にある「城南島海浜公園」。BBQ広場やドッグランなどがある海浜公園で、遠浅の海岸なので小さな子供でも安心して水遊びできるのが魅力です。さらに、GW時期には無料で潮干狩りが楽しめます!

干潮にあわせて我が家がおでかけした際は、既に多くの人が潮干狩りを楽しんでいましたが、初心者でも簡単にたくさんのアサリを採取できましたよ! 気軽に潮干狩りを楽しみたいというファミリーにおすすめです。

また、カニやヤドカリがいる岩場では、磯遊びも楽しめます。割り箸にタコ糸でさきイカをくくりつけた即席の釣り竿で、たくさんカニが釣れました!

【インスタ映えスポット】

羽田空港に近い同スポットは、離発着する飛行機を間近に見られることでも知られています。次々に頭上を通り過ぎる迫力満点の飛行機に、子供は大喜び! 飛行機×子供の写真は、SNS映えも抜群です。数分(いや、数十秒?)おきにシャッターチャンスがあるので、ぜひトライしてみましょう。

                                                                                                

万博記念公園(大阪府吹田市)

太陽の塔があることでも知られている「万博記念公園」は、まさに1日遊べる大型公園。広大な敷地の園内には、四季折々の花が楽しめる自然文化園や博物館をはじめ、スワンボートに乗って遊べる池やBBQ広場、おもしろ自転車広場など、親子で楽しめるスポットが満載です

大型ローラー滑り台やふわふわなど、カラダを思いっきり動かして遊べる施設も多いので、子供がヘトヘトになるまで1日遊び尽くせます。巨大立体アスレチック迷路「迷宮の砦」は、大人でも苦戦するほど遊び応え抜群! 子供の付添いのつもりが、なかなかゴールに辿り着けず本気で迷いました(笑)

【インスタ映えスポット】

万博記念公園に訪れたら必ず撮りたいのが、太陽の塔をバックにした記念写真。公園入口(中央口)の正面から撮影する人が多いですが、太陽の広場に上がる芝生で撮影するのがおすすめです。少し下から斜面を活かしたアングルで撮影すると、大きな塔もきれいに収まりますよ!

                                                                                               

府中市郷土の森博物館(東京都調布市)

東京都府中市にある「府中市郷土の森博物館」は、四季折々の花々が楽しめる自然豊かな公園です。日本最大級のプラネタリウムがある博物館や、アスレチックのある遊具広場で遊べるほか、夏には虫取り、「水遊びの池(じゃぶじゃぶ池)」での水遊びも楽しめます

水遊びが大好きな子供達を連れて、日々さまざまな遊び場に足を運ぶ我が家イチオシの水遊びスポットがこのじゃぶじゃぶ池。水深が浅くて広々とした池は、小さな子供の水遊びに最適です。夏には、池にカラフルなボールプールが浮かべられ楽しさ倍増!

 駐車場が無料なので、時間を気にせず1日遊べるのもうれしいポイントです


【インスタ映えスポット】

同施設では、一年を通して四季折々の花が楽しめますが、約30種1万株の紫陽花が見頃を迎える6月に開催される「郷土の森あじさいまつり」はとくにおすすめです。芝生広場南側の「あじさいの小径」は、紫陽花に囲まれた写真が撮影できる絶好のフォトスポットですよ。


                                                                                                                

らららサンビーチ(静岡県沼津市)

静岡県沼津市にある「らららサンビーチ」は、海水浴と磯遊びが楽しめる人工の海浜施設です。環境省が毎年調査している全国の海水浴場のきれいな水質ランキングで、2019年は1位にランクイン! 同率首位の宮古島や石垣島のビーチと同じ水質が認められています。

このランキングを見て今年初めて知ったビーチだったので、「沖縄と同じくらいきれいな海って本当かな?」と半信半疑で訪れましたが、その海の透明度に親子共に大満足! 子供たちの「綺麗な海で泳ぎたい」というリクエストに応えるため、夜中に高速を走ってきた苦労も一瞬で吹き飛びました(笑) 遠浅なので、小さな子供でも安心して遊べます

磯遊びができる「磯浜」もあり、干潮時になると水溜まりに残された小魚や貝、カニなど、海の生き物を観察することができますよ


【インスタ映えスポット】

今回は海水浴に夢中で全く映える写真を撮影していませんでしたが(笑)、売店やシャワー、トイレ、更衣室が完備された広場のすぐ横に船着き場がありました。ヤシの木などもあったので、リゾート感ある写真が撮影できると思います。


                                                                                                             

あきるのフォレスト(東京都あきる野市)

秋川渓谷の入口とされる網代(あじろ)橋下の河原にあるデイキャンプ場。バーベキューと川遊びをするのに最適で、我が家では年に2~3回は訪れるお気に入りスポットです。

河原から駐車場やトイレまでの距離が近いことや、ウォシュレット付きの綺麗なトイレがあることなど、小さな子供がいるファミリーにとっては痒い所に手が届くような有り難い設備が最大のポイント

また、都内とは思えないほど透き通った川も魅力! 川幅が広く水深が浅いうえ、流れも緩やかなので、小さな子供が川遊びをするには絶好の場所です。小さな魚やアメンボを追いかけたり、流れに身を任せて泳いだり…楽しみすぎて子供が1日中、川から上がろうとしないことだけが唯一の欠点(?)です(笑)


【インスタ映えスポット】

スポットではありませんが、ここではキャンプ場などで「映える」写真を撮影するコツを紹介します。キャンプなどで記念撮影をする際には、できるだけ色味を意識した小道具を取り入れるのがおすすめです。アウトドアグッズにはカラフルなものが多いので、キャンプ道具の中からカラフルな物を選んで持つだけでOK! これだけでも写真が華やかになりますよ。 
タープにガーランドを付けるのも簡単でおすすめです♪


                                                                                       

高尾山(東京都八王子市)

紅葉が楽しめる秋~初冬にかけておすすめなのが、東京・八王子にある「高尾山」。難易度別に選べるさまざまな登山コースが用意されているので、子供の登山デビューに最適です。今回登山初挑戦だった4歳の息子も、一度も抱っこせずに登りきることができましたよ。

道中には、ケーブルカーやリフト、さる園、売店など、子供が楽しめるスポットがたくさんあるので、山頂まで子供が飽きることなく登れるのが魅力です

おすすめコースは、行き【ケーブルカー+1号路】・帰り【4号路+リフト】です。1号路は舗装された道で歩きやすく、初心者におすすめのコース。高尾山の北斜面を歩く4号路は、途中で吊り橋を渡ることができる人気コースです。神秘的なスポットが満載なので、子供たちは探検気分で自然散策を楽しんでいました。


【インスタ映えスポット】

豊かな自然の中にお店などが充実した高尾山には、写真映えするスポットがたくさんありましたが、紅葉シーズン1番のおすすめはリフトです。急勾配が人気のリフトに子供たちも大喜び! 立ち並ぶ北山台杉を眼の下に、素晴らしい景観が楽しめますよ。


                                                                          

2019年に我が家がおでかけした中だけでも、親子で楽しめた施設はまだまだたくさんありますが、なかでもとくに印象に残った10カ所を厳選して紹介しました。ぜひ参考に、2020年も親子でたくさんの場所におでかけして、楽しい思い出を作ってくださいね!

そして「#いこーよ」のハッシュタグを付けて、インスタグラムに投稿してくださいね♪ 
皆さんの楽しいおでかけ投稿、お待ちしてます!!