社員紹介_金子(子育て支援事業部 制作チーム ウェブエンジニア)

Interviewee: Kaneko Keiko

チームへのエンゲージメントが高まり、正社員になることを決意

実務経験を積みたくて

前職はエンジニアではなく、営業事務をしていました。なぜ、いまエンジニアとして働いているのか、おそらくきっかけは自分の結婚式だったと思います。その結婚式の準備の関係でエンジニアでもある夫に少し教えてもらいながらパソコンで作品を作る機会があって、それがすごく楽しかったんです。その後、生活が落ち着いた頃からアプリケーション作りにハマってしまったのと同時に、ちょうどキャリア支援に興味を持っていたことからデータを扱えるようになりたいという気持ちと、それを仕事に活かせるようになりたいという思いが重なり、エンジニアとして転職することを決めました。

この先、ライフスタイルの変化があるかもしれないと心配もしましたが、周囲にアドバイスをもらうと、まだ来ていない未来に対して不安にならなくてもいいのかと気づき、心配事があっても心配事じゃなくなりました。

もともとは独学で学んでいましたが、その後スクールに通ってみっちり技術を学びました。卒業前に実務経験を積みたいと思っていたので、アルバイトを探しているという2社を紹介してもらったのです。

エンゲージメントが高まって

そのうちの一つがアクトインディでした。知っている人は全くいないという状況でしたが、Railsのコードが書けるというところに大きな魅力を感じました。とにかく、最初は実務経験を積みたかったので。通っていたスクールのメンターのお二人が実はアクトインディ創業時のメンバーだったことから、私に「どうですか」とお話をいただけました。ご縁を感じましたね。

アクトインディに関する情報をほとんどといっていいほど持たずに入社したので、まずフレキシブルに働いている社員の方々に驚きました。仕事もプライベートも両立できていることが素敵だなと素直に感じました。エンジニアチームには優しい方がとても多く、その中で私ももっと成長したい!という気持ちが高まり、アルバイトから正社員への登用要望を出して受け入れてもらえることになりました。

成長の実感

今、業務ではチケットサービスに携わっています。新しいものを作るという貴重な経験をさせてもらっています。入社して半年が過ぎましたが、当初はタスクの何から手を付けていいかわからないという状況でした。でも、経験を積み重ねることで今はある程度作業の見立てができるようになったのは、自分にとって大きな成長じゃないかと思っています。

これから先ですが、まだまだ足りていない技術的な部分の成長ももちろんですが、開発者視点に加えてユーザー視点を併せ持ったエンジニアを目指したいと思っています。ディレクターに言われるままではなく、こうしたらもっと使いやすいのではないかといったプラスアルファの提案ができるようになれたらと。

チーム内ではただ一人の女性です!女性エンジニアの数自体はまだまだ少ないので、そういう意味でもっと頑張って道を創りたいです!

ユーザーファーストのプライオリティ

アクトインディ全体にフラットな雰囲気があります。もちろん、マネージャーなど肩書もありますが、基本的に仕事では対等で、意見を言いやすい環境ですね。「こういうフラットな職場って、テレビドラマでしか見たことなかったけれど、本当にあったんだ!」という驚きを感じました(笑)。

だからこそ、チーム内でも「いいサービスを作りたい」という意思が尊重され、それが実現できる環境があるのだと思います。私はほぼ未経験だったにもかかわらずいいチームだと実感しているので、おそらく経験者の方から見るともっといいチームだと感じられるのではないでしょうか。とにかく、経験の有無に関係なく意欲的に働ける人には最適な環境が提供されていると思います。ユーザーファーストのプライオリティを高く維持することを理想に掲げるだけでなく、ちゃんと実現させているといういい文化がここにはあります。

プライベート

休日は開発者のイベントやキャリア支援の勉強会に行ったりしています。また、ずっとピアノやギターをはじめ音楽が趣味だったのですが、最近は楽器がPCに代わりました。今はRubyで音楽を奏でるということに夢中になっていて、休日もプログラミングですね。