2019年新入社員 アクトインディベーシックを知る_第2回 事業推進チーム編 

アクトインディベーシックという13個の行動指針が社内にどう浸透しているのか、新入社員の吉野が社内の様々なチームにインタビューしていきます。 (第1回 編集チーム編はこちら

今回は、事業推進チームマネージャーの鎭目さんです。

最もチームに浸透しているものは?

なんといっても【実行する、行動を起こす】が一番でしょうか。

事業推進チーム内には複数のプロジェクトがあるのですが、そのうちの一つである、いこーよのチケット事業についてお話させていただければと思います。このチーム、とにかくものすごく行動するんです。立ち上げから関わっているのですが、当プロジェクトは何が正解かもまだ曖昧な中で、日々とにかく行動を起こし続けてここまできました。メンバー二人は、大変だけどやりがいをもってやってくれています。

一番課題があるものは?

あえてあげるなら【一方ではなく多方面から物事を見、判断する】でしょうか。

日頃からマーケット全体を意識して判断することは難しいことだと思います。チケットチームも、ユーザーや施設のメリットについて深くディスカッションしているけれど、もっとほかの視点もあるかもしれないということは、まだこれから深く考えていかないといけないと思っています。いきなり多方面から物事を見るのは難しいかもしれませんが、最初は、クライアントでも、他部署でも、とにかく徹底的に相手の立場にたってみることで、少しずつ改善できると思います。

感想

とてもパワフルな鎭目さんのお話に引き込まれました。「とにかくやるしかないんです。やらないと見えてくるものもない」という言葉が印象的でした。正解がない中でも動き続ける大切さを学びました。
今は目の前のことで精一杯ですが、多方面から物事を見る第一歩として、相手の立場で考えてみることを意識して過ごしたいです。ありがとうございました。

第3回 品質管理チーム編に続く