第25回 ランチミッション×池邊

普段は大阪で業務をしている池邊が久しぶりに東京にやってきたところを運よくつかまえることができました!
池邊がランチに選んだお店は野菜が自慢の和食店「やさい家めい」です。
新鮮な野菜を使った体に優しそうなメニューが並んでいる中、前日に日本酒を一升飲んだという池邊は「根菜たっぷり和風豆乳ポトフ定食」、王は「蓮根と豆腐つくねハンバーグ定食」を注文。豆腐つくねハンバーグはふっくら柔らかな口当たりで、気持ちがホッコリしました。
美味しい料理をいただきながら、シニア事業部の業務から「いこーよ」のユーザーサポートまで幅広く対応している池邊に色々と質問を始めましょう。

20161201_01

アクトインディのメンバーの中でも社歴が上位にありますが、アクトインディに加わったのはいつでしょうか?

「2010年8月です。その頃はまだ学生で、社会学部に所属しマスメディアについて学んでいました。先輩や同級生はテレビ局や新聞社などに多く就職していました。私もテレビ局でアルバイトをしたりしていましたが、自分のやりたい方向性とは少し異なると感じていました。そんな中で小さな一個人でも可能性が広がるインターネットでの情報発信に興味をもち、インターネット関連企業で就職先を探しました。その中で当時のアクトインディの真っ黒なサイトが目に留まり、会社の理念に共感して、ホームページを通じて求人の問い合わせをしました。その頃いた大阪支社の役員が面接をしてくれたのですが、『まずはインターンでやってみないか』とお声がけしてくれたのが始まりですね。インターンを終えて4月の正社員入社までの間は、アルバイトとして働いていました。当時のメインサービスであった『葬儀サポートセンター』では、スタッフ皆が本当に真剣で、誇りをもって業務にあたっていました。そして2011年3月11日に東日本大震災があり、東京本社につながる電話回線をすべて大阪支社に転送し、東京の業務が完全回復するまでの2週間、大阪支社の3人で業務に奔走しました。できることは限られていましたが、どんな問い合わせにも誠実に対応することを第一とし、乗り越えました。アルバイト時代に本当に濃密な経験をさせていただいたと思っています。その後、大学を卒業した後にそのまま社員となりました。」

現在の仕事はどのようなことを担当されていますか?

「自分の業務の割合では、『エンディングパーク』などシニア事業部に関する業務が2割ほど、子育て事業の『いこーよ』に関する業務が8割ほどの比率です。主に担当している『いこーよ』のユーザーサポート業務では、情報の真実性・誠実性を管理しています。また、地震などの災害時の対応や利用規約の管理等も担当しています。仕事では、初めて取り掛かる業務に対して、問題の解決や業務プロセスをどう組み立てるかを考えることがとても好きです。」

プライベートでの夢はありますか?

「四季を感じられる田舎に日本家屋を購入して、家庭菜園をしながらのんびりと暮らしたいと考えています。今は、ベランダ菜園で夫と娘が葉大根を育てていますが、その夢のための準備でもあります(笑)。都会の人工装飾的な四季の移ろいではなく、道端にそっと咲く花や木々の葉の色の移ろいなどを毎日の生活の中で感じられたら幸せだと思っています。」

とても情熱的でまっすぐな思いをもつパワフルな池邊の紹介でした。
そんな熱い池邊をもっと知りたい方はこちらこちらこちらをご覧ください。
Wantedlyでもプロフィールを紹介しています!

20161201_02