第20回 ランチミッション×I×K

本日のランチミッションのターゲットは、編集サポートのIとKです。
お二人に教えてもらったお店は、蕎麦屋「遊庵」。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

店内2階に上がると、落ち着きのある広めの空間で、少し小旅行来たような気分が味わえます。
IとKは「かけそばセット」、王は「もりそばセット」を注文!お蕎麦は香りがあり、艶もよく、おいしゅうございました。

img_20161121_114920

さて、まずはIに色々と話を聞いてみます。年中さんの男の子と小学校3年生の女の子のママさんで、家計管理もものすごくしっかりしているI。
アクトインディに入る前はどんなことをしていましたか?

「新卒で某大手企業のITサポート部署に入りましたが、当時の若い私は、歯車の一つになった感覚があってそれがきっかけで辞めてしまいました。今思うともったいない気もしますが・・・。そして、その後色々と幅広く仕事ができるような小さな会社に入りましたが結婚を機に退社し、マイペースで仕事ができるように飲食店のアルバイトというかたちで仕事を続けていました。その後子どもが生まれ、子どもの体調などで急に休まなければならなかったりして、もう少し子育てしながら働きやすい環境を求めていた時に、当時アクトインディが提供していたサービス『OYAIKU』を利用中に、『いこーよ』の求人を見つけ、すぐに応募してアクトインディに入りました。」

「いこーよ」では、主にどんな仕事をしていますか?

「入ったばかりの時は、掲載施設さんの写真を提供いただくために、朝から晩まで営業のように電話をかけまくっていました。当時はまだまだ『いこーよ』の知名度が低く、『どうして勝手に掲載しているんだ!』といったお言葉もよくいただきましたが、『いこーよ』の理念や掲載することで施設さん側のメリットになることを丁寧に説明することで、ご理解いただくことができました。ここまで本当に地道で長い道のりでした。今は、掲載施設数がとても多いので、施設情報のメンテナンスを担当しています。また、ユーザーさんからの問い合わせに対応するユーザーサポートも兼任しています。」

仕事で大切にしていることはどんなことですか?

「自分がせっかちな性格なので、いただいたお問い合わせにはとにかく迅速に対応することを心がけています。『いこーよ』では、お問い合わせへの回答は3営業日をいただいているのですが、自分の中では『24時間以内に返答』と決めています。素早い対応が信頼向上につながると思っています。」

将来の夢は何でしょうか?

「仕事では、『いこーよ』をお出かけというジャンルだけに絞らず、広げていきたいと考えています。家族そろってご飯を食べることや、親子で一緒にお風呂に入る時間もとても大切だと思うので、そういった時間を大切にするような提案をしていきたいと思います。プライベートでは、子どもが大きくなったら、夫婦二人の時間をゆっくり楽しみたいと思います。」

夫婦二人でどんな風に過ごす予定ですか?

「家から出ずに、夫婦そろってゴロゴロしていたいです。私は本を読むのが好きで、夫はゲームが好きなのですが、それぞれ好きなことをしながら、家でのんびり過ごすことができたらいいですね。そのためにも、老後必要だと言われている最低金額3,000万円をまずは貯めるべく、今は一生懸命働きますよ。」

老後の計画をしっかり立てているIを見習いたいと思った王でした・・・。

続いて、年長さんの女の子ママで、いつも明るくチャキチャキした性格のKに聞いてみましょう。
アクトインディに入る前も、チャキチャキした感じで働いていたのでしょうか?

「どちらかというと、のほほ?んとした感じで働いておりました。派遣で官公庁の事務をしていたのですが、研修資料のコピーや名簿の管理やデータの焼き増しや、雑務的なことを担当していました。仕事は続けたかったものの、派遣だったため出産を機に辞めました。それから、子どもが幼稚園に行くようになる頃に、自治体のママ向けのイベントで編集サポートのKとママ友になり、仕事の相談をしたところ、アクトインディを紹介してもらいました。」

仕事で担当しているのはどんなことですか?

「お出かけスポットの情報整理です。お出かけスポットについての口コミや体験記については、スポットの良いところや残念だったところも、いただいた情報をそのまま掲載しているので、一ユーザーとしてすごく信頼できる情報が『いこーよ』にはあると感じています。」

仕事をするうえで、Kの強みは何でしょうか?

「強みですか・・・。ただただ、黙々と仕事を進めているだけですので、強みといえるようなところはないような・・・。」

ここですかさず、隣にいたIから一言。

「Kは、どんなに単調な仕事でも絶対に文句を言いません!しっかり最後までやり遂げるので、安心して仕事を任せられます。編集サポートは地味な仕事が多いので、地道に作業をこなせる方が本当に必要とされます。」

ちゃんと周囲から認められる強みがあるKに、プライベートな夢を聞いてみました。

「私は趣味が盆踊りで、通称『盆オドラー』なんです。盆踊りは夏限定のイメージが一般的ですが、『盆オドラー』はオールシーズン盆踊りを踊って楽しんでいます。今、課題になっているのが次世代の育成で、小学生などをターゲットに、もっと盆踊りが楽しいものだということを知ってもらう取組みを広げていきたいと思っています。」

冬の盆踊りは浴衣ではなく着物で踊るそうで、着物を着る文化を社内に定着させようと企てているKでした。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3